新着情報 役立つ情報

食育におすすめ!ゲーム感覚で野菜を栽培できるラグリに登録してみた!

更新日:



どうも!小さい頃の好き嫌いがウソのように野菜をムシャムシャ食べる一発屋です!

(/・皿・)/

皆さんは野菜の好き嫌いはありますでしょうか。

わたくし一発屋は小さいころピーマンと人参という三大子どもが嫌いな野菜のうちの二つが嫌いで母も食べさせるのにあの手この手で苦労したそうです。

一発屋はもともと都心の小学校に通っていました。

高学年になり引っ越した郊外の小学校では野菜を育てる体験ができ、なぜか自分で作った野菜は食べられるようになりました

子どもに限らないとは思いますが、特に子どもは自分が作ったものに対する執着は大きいですよね。

昨今、子どもが野菜やお肉など食べ物の生産過程を全く知らないことなどが問題視され、食育』に関心のあるご家庭も増えてきています。

スポンサーリンク




しかし、市民農園を借りて子どもと野菜を栽培して『食育』をするとなると忙しいご家庭ではかなりの負担となってしまいますよね。

また、子どもは飽きっぽいのも事実ですので、『教育』という形で食育を行うと嫌悪感を抱きかねないので、どうせならゲーム感覚で楽しく食育ができるのが理想であると思います。

そこで、忙しいご家庭でも家に居ながら、スマホで、ゲーム感覚で楽しみながら食育もかねて野菜を育てることができるサービスを発見したのです。

それが楽天さんが運営している

『Raguri(ラグリ)』

というサービスなのです。

今回の記事ではこの『Raguri(ラグリ)』について詳しく書いていきたいと思います。


食育に最適!ゲーム感覚で野菜を栽培できる楽天の『Raguri(ラグリ)』のコンセプトとは?

楽天さんが運営してい『Raguri(ラグリ)』のコンセプトを掻い摘んで説明すると

  • 農業者支援
  • 野菜が作られる過程を売る
  • 無農薬、減農薬にこだわった野菜を顔の見える生産者から

の三つになろうかと思います。

農業者支援

昨今の農村地域をめぐる状況は決して芳しいものとは言えません。

多くの農村地域では高齢化が進み、担い手が減ったことにより、放置された耕作地が大変増えていると言われています。

また、そもそも天候によって大きく収穫量が変化し、収入が不安定になりがちな農業という職業。

これらの問題を解決することが『Raguri(ラグリ)』の一つの目的でありコンセプトであると言えます。

私たちにとって、野菜は食物繊維、ミネラル、ビタミンなどを摂取するうえで大変重要なパートナーであります。

今は当たり前のようにスーパーで買える野菜ですが、生産者がいないことにはどうにもなりませんよね。

『Raguri(ラグリ)』は生産者の、そして私たちの10年後、20年後のニーズにこたえるためのサービスとも言えます。

野菜が作られる過程を売る

これはもしかしたら、私たち消費者にとっては最大のメリットと言えるものではないでしょうか。

『Raguri(ラグリ)』はただ単に野菜を売ることを目的としていません。

野菜を作られる過程を生産者と共有することによって、消費者自らも生産者の疑似体験ができるようになっているのです。

昨今の食育ブームでお子さんの食育に熱心な方が増えてきていると思いますが、この『Raguri(ラグリ)』では、ゲーム感覚で楽しく実際の農作物生産の疑似体験をして、野菜を作ることの難しさ、生産者の苦労、野菜が食べられることのありがたみをすべて経験することができます。

スポンサーリンク




生産者の顔の見える安心野菜

『Raguri(ラグリ)』を通して生産される野菜は基本的に無農薬・減農薬栽培された安心の野菜です。

また、『Raguri(ラグリ)』で作る野菜を決定すると、今度は依頼する生産者を決定します。

この時、私たちは実際の生産者の顔が見れるのと同時に、生産者紹介の動画(youtube)を見ることができます

これによって、よりその生産者の人柄がわかりやすくなっており、安心して野菜の生産を依頼できるというわけです。
スマホでオーガニック野菜を育てて、収穫できる!

食育に最適!ゲーム感覚で野菜栽培『Raguri(ラグリ)』の使い方は?

ここからは、実際に『Raguri(ラグリ)』に登録してみた一発屋がサービス画面のご紹介をしていきたいと思います。

新しい野菜を作る

『Raguri(ラグリ)』にログインすると、上のような画面が表示されるので、画面下の『新しい畑を作る』をタップします。

すると、

上図のように生産する野菜を選ぶ画面が表示されます。

ここでは試しにホウレンソウを選んでみましたよ。

すると、

次の画面では上図のようにまず、ホウレンソウを生産する難易度、そして

上図のように、ホウレンソウのおいしい食べ方や健康知識などが紹介されます。

ホウレンソウを生産することを決めたら、『この作物の生産者を選ぶ』をタップします。

すると、

上図のように何件かの生産者の紹介ページが表示されます。(念のために画像にはモザイクを入れてありますが、実際の画面では顔も名前も表示されています。)


スマホでオーガニック野菜を育てて、収穫できる!


ここでは試しに一番上に表示された生産者を選んでみることにします。

すると、

生産者の紹介動画と生産者のこだわりを紹介するページが表示されます。

このページをさらに下にスクロールしていくと、

収穫までにかかる費用と、費用の内訳が表示されます。

この生産者に野菜の依頼をしようと決めたら『この生産者に依頼する』をタップすると支払いの画面に移行します。


野菜を育てる

さて、作る野菜、依頼する生産者を決め、支払いを済ませたら今度は野菜の育成段階に入ります。

この作業は本当にゲームのように楽しむことができるので、食育もかねてお子さんと一緒に楽しんでみるのおすすめです

決済が終了して新しい畑の画面に入ると、

作物を育てていくためのバーチャル畑が表示されます。

天気にもよるそうですが、天気が良ければ最短で翌日、そうでなければ数日以内に種がまかれるそうです。

種まきが完了すると農家さんから連絡が入り、以下のような画面が表示されます。

この画面の『成長履歴を確認する』をタップすると、以下のようにリアル畑の実際の写真とともに野菜の成長を確認することができます。

この成長の報告は定期的に届くので、野菜の状態を確認しながらどうやって育てていくか方針を決めていくことができます。

この、リアル畑とバーチャル畑は野菜の成長がある程度連動しており、下のように日を追うごとにバーチャル畑の野菜も変化していきます。

それでは実際の野菜のお世話の仕方について見ていきましょう。

バーチャル畑の画面下には、畑の水分、肥料、雑草の多い少ないを表示するパラメータ(下図)が表示されています。

このパラメータが『最適』になるように野菜のお世話をしていく必要があります。

上図では水分が足りないので水分をあげることにします。

この画面を下にスクロールしていくと、

上図のように『畑のお世話』のアイコンが表示されるのでこれをタップします。

すると、

上図のように、水をやる、肥料をやる、雑草をとる、虫をとるの項目が表示されるので、水をやるをタップします。

すると、水をあげるための器具の選択画面になるのでこれをタップ(この画面ではホース)し、農家さんへの作業依頼が完了します(下図)。

作業依頼が終わり、農家さんが作業を完了させると翌日に農家さんからの作業完了通知が届きます(下図)。

このようにして畑の状態の各パラメータが最適になるように育て、元気度を100に近づけながら野菜のお世話をしていくことになります。

このように、野菜の栽培が家に居ながらスマホのゲームのように楽しみながら親子で出来るのです。

無事に野菜が育つと、農家さんから収穫の通知が来るので、この通知画面で『収穫する』をタップしましょう(下図)。

収穫依頼が完了すると配送情報の入力画面が表示されますので住所やお届けの希望時間などを入力します(下図)。

以上が『Raguri(ラグリ)』で野菜を作る流れとなりますので参考にしてみてください。('ω')ノ


食育に最適!ゲーム感覚で野菜を栽培できる『Raguri(ラグリ)』に登録してみた!、一発屋のまとめ

さてさてこれまでバーチャルの世界でゲーム感覚で実際の野菜を育てる疑似体験ができる『Raguri(ラグリ)』のコンセプト、実際の利用方法についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

私たち大人もそうですが、食べ物が実際にどのように作られているのかを知る機会というのは非常に少ないと思います。

最近の子供たちは魚が切り身の状態で泳いでいると思っているというような、ちょっとぞっとしない話もちらほら聞く中で、食育の大切さが再認識されつつありますよね。

しかし、子どもはめんどくさがりで飽きっぽいので自分が楽しめるものでないと食育の実践は難しいものがあります。

スポンサーリンク




最近では携帯ゲーム機などで漢字や算数の勉強をするようなゲームソフトが増えていますが、このようにゲーム機を使用した場合のほうが明かに子どもの集中力が違うそうです。

食育を実践するにもどうせなら親子ともに楽しめるゲームのようなサービスがあればその方がいいと思います。

『Raguri(ラグリ)』ではお子さんとゲーム感覚で野菜を育てて、自分が育てた野菜を食べるという食育にはもってこいの体験ができます。

また、それだけではなく、実際に育てる生産者の顔が見えることから農業に従事する人たちの苦労を知り、農作物のありがたみも分かるようになるのだと思います。

このような体験を通して、農業の維持、発展にも少なからず貢献できるという一石二鳥のサービス『Raguri(ラグリ)』はかなりおすすめの食育手段になるのではないでしょうか。

さてさて、長くなりましたので今回の記事はこれにて終了であります。('ω')ノ

スマホでオーガニック野菜を育てて、収穫できる!




にほんブログ村

人気ブログランキング







メルマガ配信中!

全くのアフィリエイト初心者が月10000円~稼ぐ方法を配信中です!

*は入力必須です。


氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 





一発屋のおすすめ記事

1

どうも!夏場のランニングでは5キロごとに公園の水飲み場で水浴びをする一発屋です! 日本列島はそろそろ梅雨という時期でありますが、梅雨が明けるとまた厳しい暑さの季節がやってきます。 一発屋がランニングを ...

2

どうも!梅雨でも台風でもずぶ濡れになりながら走り続ける一発屋です! さて今回は久しぶりにランニンググッズ関連の商品でございます。 もうすぐ日本列島は嫌~な季節、『梅雨』に入りますね。 『梅雨』時でもラ ...

3

どうも!時計を見なくてもお腹の減り具合で時間がわかる一発屋です! さてさてランニンググッズネタが続きますが、今回は夏のランニングにおすすめのグッズをご紹介してみたいと思います。 まだまだ比較的涼しいの ...

4

どうも!朝目覚めるとたまに覚えのないアザが出来ている一発屋です! さてさて、唐突ですがランナーの皆さんは夜にランニング、ナイトランをする時どんなグッズを持って行きますでしょうか。 昨今のランニングブー ...

5

どうも!明日やれることは明後日やる一発屋です! いきなりですが、ランニングを楽しまれているみなさんはどんなランニングウォッチを使っているでしょうか。 ランニングを始めてある程度長い距離を走れるようにな ...

6

どうも!一日1リットルほどブラックコーヒーを飲むため体からコーヒーの香りが漂う一発屋です! さてさて昨今のランニングブームで通勤ランをするランナーが増えてきましたよね。 通勤ランをするためにはランニン ...

-新着情報, 役立つ情報
-, , ,

Copyright© アラフォーランナー一発屋商店! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.