新着情報 役立つ情報

ランニング中に熱中症に!当時の症状の変遷・対処法を考察してみる。

投稿日:

どうも!連日のランニングとクーラーの寒さでさすがに夏バテ気味の一発屋です!

このブログのランニング日記でもたびたび注意喚起してきた熱中症ですが、つい先日自分自身がなってしまいました。(;´д`)トホホ

こんな人間に言われても説得力はないに等しいかもしれませんが、今回はさらなる注意喚起のために当時の状況と実際の症状をふまえた熱中症の対策についての記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




熱中症になった時の天気・気温・湿度

私がランニングをしている時に熱中症になった日の天気は曇りで最高気温は29.2℃、湿度は74%でした。

連日30℃越えの猛暑が続いている時だったので、久々に最高気温が30度を下回りランナーにとっては比較的走り出しやすい気温と言えました。

ただ、私がランニングをする上でのコンディションで特に重要なのが湿度の方で、これが74%もあるとランニング中の汗がほとんど飛ばずに体温が下がりづらく、より熱中症を引き起こしやすいため一応水分補給や休憩などに気をつけて走っているつもりでした(←この『つもり』が本当はいけない)。

とにもかくにも、私が熱中症になった日の気象条件は熱中症になりやすい条件だったということになります。

熱中症になる前の体調

熱中症になった日の前日は20キロほどの距離を走っていました。

普段これくらいの距離はなんてこともなく走っているので疲労感が残っていたということはないと思います。

ただ、ランニングが終わってからマグロのお刺身を食べたのですがどうもそれにあたってしまったらしく、軽い腹痛と下痢の症状が出てしまいました。

さいわい腹痛と下痢はその日のうちに収まり、睡眠も10時間ほど取ったので翌日朝の体調は悪くはありませんでした。

ランニング中の体調の変化

私が熱中症になった当日に走った距離は37キロになります。

当日の朝は前日しっかりと睡眠を取っていたため比較的体調は良かったので、前日の距離の物足りなさから長めに走ろうと思っていました。

以下、距離ごとの体調の変化(熱中症の症状の変化)を書いていきます。

10キロ付近まで~大量の汗~

走るスピードは、およそキロ当たり6分前後のスローペース

とにかくやたらと汗が出ました

とは言え、連日猛暑の中を汗だくで走っているので異常なほどの汗という印象ではありませんでした。

ただ、湿度が高いためにかいた汗が全くと言っていいほど蒸発せず、皮膚の温度がずっと高いまま保たれていると自分でもわかるほどでした。

走り始めから10キロの間に給水は二回

一回目は5キロ付近で250mlのスポーツドリンク。

二回目は10キロ付近で500mlのスポーツドリンク。

この日のランニングはいつも以上に喉が渇いたのでいずれも一気飲みしてしまいました。

この時点では不調と呼べるほどの体調の変化はありませんでした。

10キロから20キロ付近~首のコリ・痛み~

だんだんと調子が上がってきたように感じた(←これもおそらく気のせい)のでペースをキロ当たり5分ほどに上げて20キロ付近までは走っていまいした。

相変わらず全く乾くことのない大量の汗でランニングウェアがバケツで水を被ったような状態になっていました。

給水はこの間も二回。

一回目は15キロ付近で500mlのスポーツドリンク。

そして、二回目が20キロ付近で500mlの経口補水液

この間二回目の給水で経口補水液で給水したのは明らかな体調変化があったからでした。

大体17キロを走ったあたりから首のコリのようなものが感じられて、20キロ付近ではコリどころか寝違えたような痛みで首を左右に曲げることが出来なくなってしまっていました。

20キロから30キロ付近~頭痛・全身の倦怠感~

20キロ付近で給水した経口補水液を過信して、全くスピードを緩めることなく30キロ付近まで走行しました。

この間の給水は三回。

一回目は25キロ付近で500mlのスポーツドリンク。

二回目は27キロ付近で250mlのカルピスウォーター。

三回目は30キロ付近で500mlの経口補水液。

この間は給水に加えてペットボトルの水を頭からかぶって体温を下げるようにしていました(この間二回ほど水浴び)。

この給水状況を見てもかなりの脱水症状が進んでいると考えられますね。

またこの間に体調はさらに悪化し、首の筋肉だけでなく、肩・背中・腰の筋肉まで硬直したようになり頭痛が生じるまでになってしまいました。

30キロから37キロ(完走)~浅呼吸・寒気~

30キロ付近から自宅までの37キロはほとんど歩いて帰宅することになりました。

この間の給水は一回。

常温のミネラルウォーター250mlで給水

もう水分を取るのも嫌なくらい胃が疲れてしまっていたのですがここで水分を取らないと危険だと本能レベルで感じたのか無理やり流し込むといった感じでした。

この間の体調ですが、とにかく倦怠感がひどく、首・肩・腰の筋肉痛も激しい。

その上頭痛も収まらずに呼吸が浅くなり、寒気まで感じる始末でした。

恐ろしいことにこの時点では私は熱中症のことなど頭の片隅にもなく『夏風邪をひいてたのだな』と思っていました。

自宅にて~発熱(39℃)~

命からがらなんとか自宅に到着し、風呂に入ってから体温を測ってみるとなんと39℃の高熱があることがわかりました。

もう完全に夏風邪をこじらせてしまったと思っていた私はとりあえず解熱鎮痛薬を飲んでクーラーの効いた部屋で安静にすることに。

すると三時間ほどで体温は37℃台まで下がり、倦怠感もかなり抑えられました。

五時間も経つと体温が36℃台までに下がり、激しい倦怠感がウソのように消えていました。

この劇的な回復は解熱鎮痛薬のおかげだと思っていたので、翌朝はまた熱がぶり返すだろうと思いきや意外にも翌日には熱も倦怠感も頭痛も寒気も残ることはありませんでした

この時点でようやく、『これは夏風邪ではないな』と思い始め、熱中症の症状を詳しく調べてみるとほとんどの症状が当てはまりゾッとしました。

私がこの時経験した熱中症が具体的にどの程度のステージにあたるのかを次の項で書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




熱中症のステージ

熱中症はその重症度によってⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度に分類されています

重症度によって熱中症の対処の仕方が異なるので、ランナーのみならずスポーツをする方は特に知っておいた方がいいものだと考えられます。

それではそれぞれ詳しく見ていくことにします。

熱中症『Ⅰ度』の症状・対処法

めまい、立ちくらみ、生あくび、大量の発汗、筋肉痛、筋肉の硬直(日本救急医学会熱中症分類による)

これらが主な熱中症『Ⅰ度』の症状になります。

このうち、大量の発汗・筋肉痛・筋肉の硬直は私が今回ランニング中に感じた不調と全く同じものですね。

つまり、20キロ付近ですでにⅠ度の熱中症になっていた可能性が極めて高いということになります。

この熱中症『Ⅰ度』は軽度の熱中症で、涼しいところで安静にする、体を冷やす、水分と塩分を補給する等の応急処置で基本的には回復すると言われています。

ただ、お子さんやお年寄りなど体力のない方の場合はⅠ度の熱中症であっても急激に症状が悪化してしてしまうことがあるので、出来ればこのような症状が出た時点で早めに医療機関を受診することをおすすめします。

熱中症『Ⅱ度』の症状・対処法

頭痛、嘔吐、倦怠感、虚脱感、集中力や判断力の低下(日本救急医学会熱中症分類による)

こちらが熱中症『Ⅱ度』の主な症状になります。

このうち頭痛・倦怠感が今回私がランニング中に感じた不調になります。

熱中症『Ⅱ度』の症状は基本的には応急処置では対処できないため、早急に医療機関への搬送手続きを取る必要があります。

今回、私がなってしまった熱中症は明らかにこのⅡ度の熱中症ですが、私が回復したのはおそらくたまたまですので、みなさんは絶対に医療機関を受診するようにしてください。

Ⅱ度の熱中症の場合処置が遅れると最悪脳に障害が残る可能性がありますので過信しないようにしましょう(自戒の念を込めて…)。

熱中症『Ⅲ度』の症状・対処法

意識障害、小脳症状、痙攣発作、肝・腎機能障害、血液凝固異常(日本救急医学会熱中症分類による)

これらが熱中症『Ⅲ度』の主な症状になります、と言ってもはっきり言って意識障害・痙攣発作くらいしかわかる単語はないかと思います(私もです)。

このレベルの熱中症はもう見た感じすでに『ヤバい』というレベルのもので、医療機関への緊急搬送・入院による治療が必要となります。

『Ⅲ度』の熱中症の場合、後遺症が高確率で発生することと、治療の甲斐なく死に至るケースもあるということなので、基本的にはこの重症度の熱中症になる前に対処しておかなくてはなりません。

熱中症における発熱

上の重症度の分類には出てこなかった熱中症における発熱について補足的に書いていこうと思います。

私たち人間の体温を調節しているのはどこだかご存知でしょうか。

それは私たちの脳の中にある視床下部(ししょうかぶ)という所になります。

熱中症で体温が上がり続けると当然脳の中の温度も上がっていくことになります。

脳だけではありませんが体の各器官はきちんと機能を発揮するための最適な温度というものがあり、それを大きく下回る、または大きく上回るような場合に機能不全に陥ってしまうということがあるそうです。

Ⅱ度の熱中症以上になると意識障害が生じますが、これは脳が熱にやられて機能不全に陥っていることが原因で、発熱症状は視床下部が熱でやられたことにより機能不全に陥っているために起こるのだそうです。

色々調べたところ、基本的に熱中症が疑われる状況で発熱があった場合38℃以上の発熱であれば早急に医療機関を受診するべきという情報が多く確認できました。

熱中症で発熱=脳へのダメージがある

ということなので自己判断はせずに必ず医療機関を受診するようにしてください。

スポンサーリンク




まとめ

今回ランニング中の熱中症の実体験をもとに熱中症の症状・対処法などについて書いてきましたが、正直思い出しながら書いているだけで何度もゾっと寒気のする思いでした。

今回、私が犯したミスは

  • 前日の下痢による体の水分・塩分バランスの不均衡
  • 気象条件を考慮せずに長距離走
  • 自己過信

の三つになると思います。

普段から毎日20キロ~40キロの距離を走っており、夏場でも熱中症になることもほとんどなかったため、病み上がりで気象条件も良くないにも関わらず自分の体力を過信したことが今回のⅡ度の熱中症を引き起こす根本的な原因だったと深く反省しています。

改めて言いますが、私が普通に回復したのはたまたま運が良かっただけで、下手をすると死んでしまう可能性すらあった状況です。

ですので同じくランニングをされている方はくれぐれも自己過信はしないで、ちょっとでも異変があれば無理をせずに医療機関受診されることをおすすめします。

それでは今回の記事はここで終了とさせていただきます。

夏のランニングにおすすめ快適グッズ5種10選!

どうも!時計を見なくてもお腹の減り具合で時間がわかる一発屋です! さてさてランニンググッズネタが続きますが、今回は夏のランニングにおすすめのグッズをご紹介してみたいと思います。 まだまだ比較的涼しいの ...

続きを見る

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ用品・グッズへ






一発屋のおすすめ記事

1

どうも!夏場のランニングでは5キロごとに公園の水飲み場で水浴びをする一発屋です! 日本列島はそろそろ梅雨という時期でありますが、梅雨が明けるとまた厳しい暑さの季節がやってきます。 一発屋がランニングを ...

2

どうも!梅雨でも台風でもずぶ濡れになりながら走り続ける一発屋です! さて今回は久しぶりにランニンググッズ関連の商品でございます。 もうすぐ日本列島は嫌~な季節、『梅雨』に入りますね。 『梅雨』時でもラ ...

3

どうも!時計を見なくてもお腹の減り具合で時間がわかる一発屋です! さてさてランニンググッズネタが続きますが、今回は夏のランニングにおすすめのグッズをご紹介してみたいと思います。 まだまだ比較的涼しいの ...

4

どうも!朝目覚めるとたまに覚えのないアザが出来ている一発屋です! さてさて、唐突ですがランナーの皆さんは夜にランニングをする時どんなグッズを持って行きますでしょうか。 帰宅ランなどされている方は暗い夜 ...

5

どうも!明日やれることは明後日やる一発屋です! いきなりですが、ランニングを楽しまれているみなさんはどんなランニングウォッチを使っているでしょうか。 ランニングを始めてある程度長い距離を走れるようにな ...

6

どうも!一日1リットルほどブラックコーヒーを飲むため体からコーヒーの香りが漂う一発屋です! さてさて昨今のランニングブームで通勤ランをするランナーが増えてきましたよね。 通勤ランをするためにはランニン ...

-新着情報, 役立つ情報
-,

Copyright© アラフォーランナー一発屋商店! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.