商品紹介 新着情報

ガチランナーがおすすめする通勤ラン用バックパック5選!

更新日:



一発屋
どうも!一日1リットルほどブラックコーヒーを飲むため体からコーヒーの香りが漂う一発屋です!

さてさて昨今のランニングブームで通勤ランをするランナーが増えてきましたよね。

通勤ランをするためにはランニング用のバックパックが必須ですが、みなさんはどのようなバックパックを使っているでしょうか。

今回の記事ではランニング歴20年のわたくし一発屋が厳選した通勤ラン用のおすすめランニングバックパック5つ紹介したいと思います!

幅広の足のランナーにおすすめランニングシューズ5選!ガチランナー調べ

さてさて今回の記事では実は私のブログでも初めての紹介となる『ランニングシューズ』について書いていきたいと思います。 冒頭にも書いた通り、私の足はかなりの『幅広』で、ランニングシューズ選びには長年苦労し ...

続きを見る

スポンサーリンク




通勤ラン用ランニングバックを選ぶポイント

わたくし一発屋が考える通勤ラン用バックパックの選び方ポイントは以下の三点です。

  • 容量は大き目の17リットル~20リットル
  • 重量は軽めで重くても500g前後
  • 価格は一万円台前半以下

容量は大き目の17リットル~20リットル

通勤するサラリーマンのバックの中にはどんなものが入っているのか調べてみたところWEBサイト『in my bag』さん(関係ないですがこのサイトは個人的にすごく興味深いものでした)によると、タブレットPC、スマホ、ヘッドフォン、バッテリチャージャー、カメラ、財布、読み物、手帳などなどが入っているようです。

通勤ランにはこれらに加えて、替えの衣類や替えのシューズなどを入れるスペースが必要になってくる(会社のロッカーに入れて置いたりコインロッカーを借りる手もあります)ので、17リットル~20リットルの比較的大きめのランニングバックパックを選ぶのがいいでしょう


重量は軽めで重くても500g前後

前項でも書いた通り、通勤ラン用のバックパックに色々なものを入れる必要があるので、バックパック自体の重さはできるだけ軽量なものがいいでしょう。

基本的に登山やトレイルランなどで用いるバックパックは1キロ近いかまたはそれを超えるような重量のものが多いのですが、今回ご紹介するバックパックは500g前後、重くても600gを超えないものを選んでいます。


価格は一万円台前半以下

通勤ランに使用できるバックパックの価格はピンからキリまであり、安いものでは2000円から3000円、高いものになると30000円から50000円と幅広くなっています。

安いものでももちろん走れないことはないのですが、体に対するフィット性や収納スペースの数などにやはり満足のいかないものが多いのも事実です。

また、高いものはそれらの条件をクリアしているので当然何の不自由もなく通勤ラン・帰宅ランに使用できるのですが、はっきり言って通勤ラン程度に使用するには不必要な機能が満載だったりします。

これらのことと機能などの問題を合わせて考え、調べてみた結果7000円前後から10000円台前半くらいまでのバックパックが通勤ラン用としてコストパフォーマンスがよいのではないかなという結論に至りました。

スポンサーリンク




通勤ラン用バックパックならこれで間違いなし!

さて、これまで通勤ラン用バックパックの選び方を見てきました。

ここではそのことを踏まえた上で私が厳選した通勤ラン用バックパック5つをご紹介していきたいと思います。


dueter speed lite 20 (ドイタースピードライト20) 

重量:530g

容量:20リットル

dueter社製のバックパック スピードライト20はメインコンパートメント以外に四つのサイドメッシュポケット(ドリンクホルダーになります)と貴重品入れがついています。

またこの製品はかなりコンパクトに折りたたむことができるので、通勤バッグの中に入れて帰宅ランに使用することもできそうです。


terra nova Laser 20 elite(テラノヴァレーサー20エリート)

 

重量:210g

容量:20リットル

terra nova社製レーサー20エリート最大の特徴は何といってもその軽さです。重量わずか210gは業界最軽量と言っても過言ではない軽さです。

バックパックにはメインコンパートメント以外にサイドメッシュポケットが二つ、ウェストポケットが二つあります。


SALOMON TRAIL  20(サロモントレイル20) 

重量:320g

容量:20リットル

SALOMON社製のTRAIL20は体に対する負荷分散と使いやすさを追求したモデルとなっており、より体にフィットし、荷物の重量による体の負担を和らげてくれます。

メインコンパートメント以外にサイドメッシュポケットは二つ、ウェストポケットが二つ付いています。

価格も比較的手ごろでこれから通勤ラン・帰宅ランを始めてみようかなという初心者の方にもおすすめだと思います。


Karrimor TRIM 20(カリマートリム20)

 

重量:580g

容量:20リットル

Karrimor社製TRIM20の特徴はメインコンパートメント部分が大きく開き収納がしやすいところです。

またサイドポケット二つ、ウェストポケット二つに加えてフロントジッパーポケットが付いているので通勤ランで小物をたくさん収納したい女性ランナーにはおすすめです。


SALOMON AGILE 20AW(サロモンアジャイル20オールウェザー)

重量:591g

容量:17.6リットル

SALOMON社製アジャイル20オールウェザーの特徴は何といってもその名の通り全天候対応の防水仕様であるということです。

元々雪山登山を想定して作られた製品だそうで、メインコンパートメント内にサブコンパートメントとして完全防水のコンパートメントがあります。

実は私が愛用しているのがこのアジャイル20AWで、通勤ランだけでなく普段のランニングにも大変重宝しています。

メインコンパートメントの他にサイドポケットが二つとウェストポケットが二つ、防水仕様のジッパーフロントポケット、さらにハイドレーション収納スペース(専用容器にドリンクを入れ収納するためのスペース)もハイドレーション以外の収納にも使用でき、多数の収納スペースを備えているのも特徴です。

容量が17.6リットルと他と比べると少ないですが、十分通勤ランに使用できるレベルの容量です。

防水性能と収納の多さでこの価格というのはあまり見たことがないので今回ご紹介した通勤ラン用バックパックの中でも特におすすめのバックパックと言えます。

※こちらは実際に防水実験をした動画と各部位の写真付き説明の記事をアップしてますので興味のあるかたはご覧ください。

>夏のランニングにおすすめグッズの記事はこちらからどうぞ!

>夜のランニングにおすすめグッズの記事はこちらからどうぞ!

>一万円台で買えるおすすめランニングウォッチの記事はこちらからどうぞ!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ用品・グッズへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



 










  オススメ記事

一発屋のおすすめ記事

1

どうも!ぎっくり腰が三日目にしてかなり良くなってきている回復力モンスターの一発屋です! さて、今回の記事は久々にランニング関連のお話になります。 みなさんは普段のランニングやマラソン大会でどんなドリン ...

2

どうも!ドライアイなのにコンタクトレンズをしたままベッドに入り翌日目がパンパンに腫れてしまったことのある一発屋です!(;'∀') みなさんはコンタクトレンズはしたまま眠らないようにしてくださいね。 さ ...

3

さて今回は久しぶりにランニンググッズの紹介です。 もうすぐ日本列島は嫌~な季節、『梅雨』に入りますね。 『梅雨』時でもランニング、ジョギングを楽しみたいランナーの皆さんはどんなランニンググッズを使用し ...

4

さてさてランニンググッズネタが続きますが、今回は夏のランニングにおすすめのグッズをご紹介してみたいと思います。 まだまだ比較的涼しいので対策をされていない方の方が多いと思いますが、急に暑くなると体調が ...

5

さてさて、唐突ですがランナーの皆さんは夜のランニング『ナイトラン』をする時どんなグッズを持って行きますでしょうか。 昨今のランニングブームで休日だけでなく通勤帰宅時にランニングを楽しまれる方も増えてき ...

6

どうも!明日やれることは明後日やる一発屋です! いきなりですが、ランニングを楽しまれているみなさんはどんなランニングウォッチを使っているでしょうか。 ランニングを始めてある程度長い距離を走れるようにな ...

7

さてさて昨今のランニングブームで通勤ランをするランナーが増えてきましたよね。 通勤ランをするためにはランニング用のバックパックが必須ですが、みなさんはどのようなバックパックを使っているでしょうか。 今 ...

-商品紹介, 新着情報
-, , , ,

Copyright© アラフォーランナー一発屋商店! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.