メルカリ ラクマ 役立つ情報 新着情報

メルカリ便とかんたんラクマパックの送料を徹底比較!どっちの方がお得に出品できる!?

更新日:

さてこの記事をご覧のみなさんは、メルカリやラクマなどに代表されるフリマアプリで不用品やら輸入品やらを販売・転売したいと考えている方がほとんどだと思います。

フリマアプリで気になるのがやはり手数料と送料ですよね。

メルカリには発送方法として匿名配送・あて名書き不要・全国一律料金のお得な『メルカリ便(らくらくメルカリ便、ゆうゆうメルカリ便、簡単・発送たのメル便)』があります。

一方でラクマにもメルカリ便に相当するような特徴的な発送方法の『かんたんラクマパック』があります。

そこで、今回の記事ではみなさん気になるであろう『メルカリ便とかんたんラクマパックの送料を比較しながら出品手数料なども考慮してどちらがお得に出品できるのか』などをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク




メルカリ便とかんたんラクマパックとは?

ここではまず、メルカリ便とかんたんラクマパックの概要について説明したあと、それぞれの送料を比較します。

さらに、手数料・利用者数の面などからどちらがお得に出品できるのかを考察していきたいと思います。

メルカリ便

メルカリ便にはすでにお話ししたように

  1. らくらくメルカリ便(ヤマト運輸とメルカリの共同開発サービス)
  2. ゆうゆうメルカリ便(日本郵便とメルカリの共同開発サービス)
  3. 梱包・発送たのメル便(ヤマト運輸とメルカリの共同開発サービス)

の3種類が存在します。

メルカリ便の特徴は以下になります。

特徴

  • 宛名書き不要。
  • 最大69%オフ。全国どこでも一律の送料。
  • A4から160サイズまで幅広いサイズに対応(ゆうゆうメルカリ便は100サイズ、たのメル便は80~450サイズまで対応)。
  • 配達状況がいつでも確認可能。
  • 匿名配送
  • 配送時にトラブルが発生した際には、商品代金/販売利益を全額補償

やはりメルカリ便最大の特徴といえば『匿名配送』になるかと個人的には思っています。

フリマアプリでは基本的にどこの誰かもわからない顔の見えない素人同士のものの売り買いですので、個人情報をやり取りするというのはある程度のリスクがあります。

その点この匿名配送であれば、出品から商品代金の受け取りまでお互いの個人情報を全く知らなくても完了することができます。

これは大きなメリットであるといえますよね。

一発屋
名前も住所も知られている相手と取引でトラブルになったら怖いですよね。

※2021年6月14日をもってラクマのかんたんラクマパックでも完全に匿名配送化となりました。

さて、こんな便利な特徴のあるメルカリ便について、今回の記事ではらくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便とかんたんラクマパックについて送料を比較してみたいと思います。

一発屋
なお、(2021年現在)ラクマでの取り扱いのないサイズ対応の梱包・発送たのメル便については便宜上割愛させていただきます。

たのメル便について詳しいことを知りたい方は以下のリンクより過去記事を見てみてください。

かんたんラクマパック

さて、続いてラクマの発送サービス『かんたんラクマパック』について概要をご説明します。

かんたんラクマパックの特徴は以下になります。

特徴

  • 宛名書き不要。
  • 全国どこでも一律の送料。
  • A4から170サイズ(※1)まで、幅広い対応サイズ。
  • 配達状況が取引ページで確認できて安心。
  • 配送トラブルが発生した際には、商品代金などを補償(ラクマあんしん補償:紛失補償)。
  • 匿名配送←2019年1月15日よりかんたんラクマパック(日本郵便)で適用開始&2021年6月14日よりヤマト運輸でも適用開始
一発屋
(※1)かんたんラクマパックは配送業者をヤマト運輸または日本郵便の2者から選択できるようになっています。

ヤマト運輸を利用した場合の最大サイズは160サイズですが、日本郵便を利用した場合は対応サイズの最大が170サイズになります。

 かんたんラクマパック
配送業者ヤマト運輸日本郵便
匿名配送無し有り

ご覧の通り、『匿名配送』サービスがないこと以外はほとんどメルカリ便と変わりません。

最初にこの記事を書いた時(2018年)はかんたんラクマパックでは匿名配送を利用することはできませんでした。

しかし、2021年6月14日になって無条件にかんたんラクマパックで匿名配送が適用されました。

匿名配送がないことは個人的にラクマを利用する最大のデメリットだと思っていたので無条件で匿名配送が開始されたことはとても歓迎すべきことだと思います。

ただ、かんたんラクマパック(日本郵便)を利用できるのはコンビニではローソンのみ、郵便局もいまのところ限られた数でしか取り扱いがないのでやはりややメルカリの方が便利かなという印象があります。

スポンサーリンク




メルカリ便とかんたんラクマパックの送料比較

さて、いよいよ本題のメルカリ便とかんたんラクマパックの送料比較をしていきたいと思います。

具体的には大きさ別(A4サイズ・専用ボックスのある中型サイズ・60サイズから160サイズ)に送料を比較していきます。

送料の比較に加えて利用者数・手数料の観点からどの発送方法がお得なのかということについてもまとめてみたいと思います。

A4サイズ商品の送料比較

メルカリ、ラクマでA4サイズ商品を発送する方法とそれぞれの送料は以下のようになっています。

 らくらくメルカリ便ゆうゆうメルカリ便ラクマパック
発送方法ネコポス(ヤマト)ゆうパケット(日本郵便)ネコポスorゆうパケット
 メルカリ便ラクマパック
ネコポス175円200円
ゆうパケット200円179円

らくらくメルカリ便のネコポスとかんたんラクマパックのネコポスはどちらもヤマト運輸の規格を採用しているため、対応サイズ規格はほぼ同じものになります。

またゆうゆうメルカリ便のゆうパケットとかんたんラクマパックのゆうパケットの対応サイズ規格も同一のものになります。

細かいことは省略しますが、ゆうパケットは日本郵便の規格を採用しており、ネコポスとの大きな違いは送れる商品の梱包サイズ(3辺の合計サイズ)がちょっとだけ大きいということです。

送料に関してですが2つ目の表の通り、まずらくらくメルカリ便のネコポスとかんたんラクマパックのネコポスの送料を比較するとは25円だけメルカリの方が安くなっています。

また、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットとかんたんラクマパックのゆうパケットの送料を比べると21円ラクマの方が安くなっています。

このように送料だけを単純に比較すると、A4サイズの商品はメルカリのネコポス(らくらくメルカリ便)を利用するのが一番安いということになります。

A4サイズ商品はメルカリとラクマどっちで出品するのがお得?

さて、単純な送料の比較ではらくらくメルカリ便のネコポスに軍配が上がりましたが、だからと言ってなんでもメルカリで出品するのがお得かというとそうでありません。

どちらで出品するのがお得かということを決めるのは以下の要因を考える必要があります。

  • 出品手数料
  • アプリの利用者数

まず手数料についてメルカリとラクマで比較してみましょう(2021年現在の手数料になります)。

 メルカリラクマ
手数料商品価格の10%商品価格の6.6%(※1)

(※1)ラクマの手数料についての注意

上の表ではラクマの手数料を商品価格の6.6%としていますが、ラクマの公式アナウンスでは手数料は6%となっています。

これは消費税が10%になったことの影響です。

ちょっとわかりにくいので下で例を挙げて説明してみます。

 

例えば私たちがラクマで商品価格1万円のものを出品するとします。

すると出品ページでは上の画像のように『価格について』という項目が表示され、商品価格に対して差し引かれる金額(販売手数料(6.0%)+税)と受取金額が表示されます。

上の画像にあるように1万円で商品を出品する場合、私たちは商品価格に消費税を上乗せした11000円に対する手数料6.0%を取られることになるのです。

ですので、消費税が10%の間は実質的には商品価格の6.6%が手数料であると考えて差し支えありません。

このようにラクマで6.6%となっている出品手数料ですが、メルカリでは商品価格の10%として設定されています。

例えば3000円のA4サイズ商品をメルカリ・ラクマそれぞれで出品して売れたとしましょう。

そして、メルカリではA4サイズ商品送料最安のらくらくメルカリ便のネコポス、ラクマではかんたんラクマパックのゆうパケットを選択したとします。

この場合、

メルカリの純利益

3000円-{手数料:3000円×0.1=300円}-{送料:175円}=2525円

ラクマの純利益

3000円-{手数料:3000円×0.066=198円}-{送料:179円}=2623円

のように商品を売った時の純利益に98円の差がでます。

これを見るとA4サイズ商品についてはすべてラクマで売った方がお得に見えます。

しかし、メルカリとラクマには商品の売れやすさに決定的な差があります。

現時点では利用者数が圧倒的にメルカリの方が上であるため、同じ商品を出品したとしても売れるまでの時間にはかなりの開きがあります。

一発屋
私は同じ商品をメルカリとラクマに同時に出品することがよくありますが、商品のウォッチマークのカウント数もラクマよりもメルカリの方が50%ほど多い印象です。

ですので、気の短い方や価格の大小はともかく早めに現金が必要という方は手数料分損してもメルカリで出品した方がはるかに早く商品が売れます。

一方で、そこまで早めに現金が必要ではないという方であればラクマで出品した方が手数料分お得ということになります。

体感になりますが、最近ではラクマもかなり利用者が増えてきているようで、比較的早く買い手がつく印象です(フリルとラクマのサービス統合でさらにユーザー数が増えています)。

それでも、やはり圧倒的な利用者数を誇るメルカリとはスピード感が違うので、売れ筋の人気商品はラクマでさばき、その他の商品(特に高額な物)はメルカリでさばくというのが現実的なように感じます。

具体的に例を挙げると、最新のコスメ・話題のキッチン用品・発売されたばかりのゲームソフトなどはラクマでもかなりの速さで売れると思われます。

スポンサーリンク




専用ボックスのある中型サイズ商品の送料比較

さて、続いて別途購入する必要がある専用ボックスのある中型サイズの商品の送料の比較に移りたいと思います。

中型サイズ商品に対応した発送方法は、メルカリとラクマで以下のものがあります。

 メルカリラクマ
らくらくメルカリ便ゆうゆうメルカリ便かんたんラクマパック(ヤマト運輸)かんたんラクマパック(日本郵便)
対応サイズ宅急便コンパクトゆうパケットプラス宅急便コンパクト無し

らくらくメルカリ便とかんたんラクマパックの宅急便コンパクトのサイズ規格は全く同じで、専用ボックス(別途70円)をヤマト運輸の営業所または取り扱いのあるコンビニ(ファミマやセブンイレブン)で購入し、専用ボックスで商品を梱包することになります。

また、メルカリにはゆうゆうメルカリ便でも中型サイズ商品を送ることができるゆうパケットプラスがあり、専用ボックスを別途65円で購入することになります。

それではらくらくメルカリ便の宅急便コンパクト、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラスとかんたんラクマパックの宅急便コンパクトの送料を見てみましょう。

 メルカリ便ラクマパック
宅急便コンパクト送料送料380円+専用BOX70円=450送料530円+専用BOX70円=600
ゆうパケットプラス送料送料375円+専用BOX65円=440無し

これを見てわかる通り中型サイズ商品を送る場合は、メルカリのゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラスを利用した方がかんたんラクマパックの宅急便コンパクトを利用するよりも160円安く送れることになります。

宅急便コンパクトのサイズ(中型サイズ)の商品はどっちで出品するのがお得?

さて、A4サイズ商品の発送に続き中型サイズ商品の送料でもメルカリに軍配が上がりました。

しかし、忘れてはならないのがすでにお話しした手数料とアプリ自体の利用者数の差による売れやすさの違いです。

一発屋
いくら送料が安くても手数料と合わせると割高なことも。だからと言って売れなきゃ意味がない!

すでにお話しした通り、利用者数の点では圧倒的にメルカリの方が有利です。

ですので、商品を売る際はその商品の人気(最新のものか・話題のものか・希少価値のあるものかなど)を考えたうえで売れやすいと考えられるものをラクマで、そうでない場合はメルカリでといったように利用するアプリをケースバイケースで使い分けるといいと思います。

ここでは、商品の売れやすさにメルカリ・ラクマであまり差がない場合として、送料・手数料の観点から、メルカリとラクマどちらで中型商品を発送した方がお得かを見ていくことにします。

先ほどもA4サイズ商品のところでお話ししたようにメルカリでは商品の販売価格の10%が手数料として取られる一方で、ラクマの手数料は実質6.6%になっています。

したがって、送料は160円メルカリの方が安いので手数料の差(商品価格の3.4%)が160円未満であればメルカリで売った方がお得、手数料の差が160円より上ならばラクマで売った方がお得ということになります。

これをもっと簡単に言うと、中型商品の商品代金(設定価格)が

4705円以下であればメルカリで売った方がお得

4715円以上であればラクマで売った方がお得

ということになります。

一発屋
商品価格が4706円以上4714円以下ならどっちで出品しても利益は変わりませんよ。

これを具体的な例を挙げてわかりやすく見ていきましょう。

商品価格が4000円の場合(4705円未満の場合)の利益

メルカリの場合

(利益)=4000円-(手数料:4000円×0.1=400円)-(送料:440円)=3160円

ラクマの場合

(利益)=4000円-(手数料:4000円×0.066=264円)-(送料:600円)=3136円

このように4705円以下の商品を売った場合の利益はメルカリの場合の方が大きくなります。

商品価格が5000円の場合(4715円以上の場合)の利益

メルカリの場合

(利益)=5000円-(手数料:5000×0.1=500円)-(送料:440円)=4060円

ラクマの場合

(利益)=5000円-(手数料:5000円×0.066=330円)-(送料:600円)=4070円

このように4715円以上の商品を売る場合はラクマのほうが利益が大きくなります。

スポンサーリンク




中~大型サイズ(60~160サイズ)商品の送料比較

さて、最後に中~大型サイズ(60~160サイズ)の商品の送料比較について書いていきたいと思います。

まず中~大型サイズ(60~160サイズ)対応の発送方法には以下のものがあります。

 らくらくメルカリ便ゆうゆうメルカリ便かんたんラクマパック
発送方法宅急便(ヤマト運輸)ゆうパック(日本郵便)宅急便orゆうパック
一発屋
ここで注意!ゆうゆうメルカリ便のゆうパックは60・80・100サイズにしか対応してません!

一方でかんたんラクマパックのゆうパックは60~160サイズに加えて170サイズに対応しています。

中~大型サイズ商品についてもメルカリとラクマでヤマト運輸・日本郵便のサイズ規格を採用しています。

またゆうゆうメルカリ便では120サイズ以上が送れないので注意しましょう。

それではらくらくメルカリ便の宅急便・ゆうゆうメルカリ便のゆうパック・かんたんラクマパックの宅急便それぞれのサイズの送料を見てみましょう。

さて、このように送料だけ見るとやはりほとんどすべてのサイズにおいてラクマよりもメルカリの方が安く送れることがわかります(60サイズでは日本郵便のラクマパックではメルカリ便と同じ、160サイズのみメルカリのほうがラクマよりも100円高くなっています)。

続いて、手数料などの観点からどちらがよりお得に送ることができるのかを考察していきます。

スポンサーリンク




60サイズ商品はどっちで出品するのがお得?

まず60サイズについては何も考える必要はありません。

手数料はラクマの方が安い上に、かんたんラクマパックの60サイズ送料はメルカリ便(らくらくとゆうゆう)と同様なのでラクマのかんたんラクマパック(日本郵便)を利用して出品するのが一番お得です。

80サイズ商品はどっちで出品した方がお得?

80サイズ商品の送料については、メルカリ便の方がかんたんラクマパックよりも100円安いです。

これとメルカリ・ラクマの手数料差を合わせて考慮します。

手数料を考慮すると手数料の差(商品価格の3.4%)が100円未満であればメルカリで売った方がお得、手数料の差が100円以上ならばラクマで売った方がお得ということになります(以下、計算式などが出てきますが無視してもOK。結果だけ見てください)。

計算式
商品代金をXとしてX×0.034<100ならばメルカリで出品した方がお得X×0.034≧100ならばラクマで出品した方がお得

ということになるので、

商品価格が2941円以下であればメルカリで出品した方がお得

商品価格が2951円以上であればラクマで出品した方がお得

となります。

一発屋
商品価格2492円以上2950円以下ならどっちで出品しても利益は変わりません。

100サイズ商品はどっちで出品するのがお得?

60・80サイズと違い、100サイズではメルカリ便の方がラクマパックよりも150円送料が安くなっています。

つまり手数料の差(商品価格の3.4%)が150円未満であればメルカリで売った方がお得、手数料の差が150円以上ならばラクマで売った方がお得ということになります。

計算式
商品代金をXとしてX×0.034<150ならばメルカリで出品した方がお得X×0.034≧150ならばラクマで出品した方がお得

これにより

商品価格が4411円以下であればメルカリで出品した方がお得

商品価格が4421円以上であればラクマで出品した方がお得

ということになります。

一発屋
商品価格が4412円以上4420円以下ならどっちで出品しても利益は変わりませんよ。

スポンサーリンク




120サイズ商品はどっちで出品するのがお得?

120サイズの場合、メルカリ便の方がかんたんラクマパックよりも250円送料が安くなっています。

このことから手数料の差が(商品価格の3.4%)が250円未満であればメルカリで売った方がお得、手数料の差が250円以上ならばラクマで売った方がお得ということになります。

計算式
商品代金をXとしてX×0.034<250ならばメルカリで出品した方がお得X×0.034≧250ならばラクマで出品した方がお得

これにより

商品価格が7352円以下であればメルカリで出品した方がお得

商品価格が7362円以上であればラクマで出品した方がお得

ということになります。

一発屋
商品価格が7353円以上7361円以下ならどっちで出品しても利益は変わりません。

140サイズ商品はどっちで出品するのがお得?

140サイズの場合、メルカリ便の方がかんたんラクマパックよりも200円送料が安いです。

このことから手数料の差(商品価格の3.4%)が200円未満であればメルカリで売った方がお得、手数料の差が200円以上ならばラクマで売った方がお得ということになります。

計算式
商品代金をXとして
X×0.034<200ならばメルカリで出品した方がお得X×0.034≧200ならばラクマで出品した方がお得

これにより

商品価格が5882円以下であればメルカリで出品した方がお得

商品価格が5892円以上であればラクマで出品した方がお得

ということになります。

一発屋
商品価格が5883円以上5891円以下ならどっちで出品しても利益は変わりません。

160サイズ商品はどっちで出品するのがお得?

140サイズまでとは違い、160サイズの場合、メルカリ便の送料はかんたんラクマパックよりも100円高くなっています。

したがって、160サイズ商品をメルカリで出品するとラクマとの手数料の差の分(商品設定価格の3.4%分)+100円だけ確実に損してしまうことになります。

ですので、売りたい商品がアプリのユーザー数のアドバンテージに影響されない商品(売れ筋商品・人気の最新家電など)であるならば迷わずラクマで出品した方がいいでしょう。

スポンサーリンク




まとめ

さてさて、今回の記事ではメルカリとラクマの特徴的な発送サービスであるメルカリ便(らくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便)とかんたんラクマパックについて送料の比較・どちらで出品するのがお得かということについて書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

見ていてお分かりになったかもしれませんが、メルカリは手数料10%とやや高めの設定のかわりに送料が少し安く、逆にラクマは手数料が3.85%と低めの設定な分送料が少し高いんですね。

これまでお話ししてきたように、各サイズ商品の価格によってはメルカリ、ラクマのどちらかの方が販売利益が大きくなります。

販売利益が大きいに越したことはないのですが、売れなくては意味がありません。

現時点ではまだ利用者数がメルカリ>>ラクマとなっているのでどうしてもラクマでは商品を売りづらいのが現状です。

それでも人気商品であればラクマでも勝負していくことができますので、今回の記事を参考にしながらラクマでの出品を試してみてください。



  • にほんブログ村 小遣いブログ フリマ・フリマアプリへ






  オススメ記事

一発屋のおすすめ記事

1

どうも、一発屋です。 今回は夏のランニングにおすすめのグッズをご紹介してみたいと思います。 まだまだ比較的涼しいので対策をされていない方の方が多いと思いますが、急に暑くなると体調が追いつかず、ランニン ...

2

さて今回は久しぶりにランニンググッズの紹介です。 梅雨時、雨が降っていてももランニング・ジョギングを楽しみたいランナーの皆さんはどんなランニンググッズを使用しているでしょうか。 というわけで今回は、月 ...

3

ランニングを楽しまれているみなさんはどんなランニングウォッチを使っているでしょうか。 ランニングを始めてある程度長い距離を走れるようになってくると、どのくらいの距離をどのくらいの時間で走ったのか、どの ...

4

ランナーの皆さんは夜のランニング『ナイトラン』をする時どんなグッズを持って行きますでしょうか。 昨今のランニングブームで休日だけでなく通勤時・帰宅時にランニングを楽しまれる方も増えてきたことと思います ...

5

さてさて昨今のランニングブームで通勤ランをするランナーが増えてきましたよね。 通勤ランをするためにはランニング用のバックパックが必須ですが、みなさんはどのようなバックパックを使っているでしょうか。 今 ...

6

さて、今回の記事は久々にランニング関連のお話になります。 みなさんは普段のランニングやマラソン大会でどんなドリンクを用意しているでしょうか。 10キロ~15キロ程度のランニングではあまりドリンクによる ...

7

どうも!ドライアイなのにコンタクトレンズをしたままベッドに入り翌日目がパンパンに腫れてしまったことのある一発屋です!(;'∀') みなさんはコンタクトレンズはしたまま眠らないようにしてくださいね。 さ ...

8

日本列島はそろそろ梅雨という時期でありますが、梅雨が明けるとまた厳しい暑さの季節がやってきます。 私がランニングをする時は防水のトレイル用ランニングバックパックを背負っています。 これが真夏の暑い季節 ...

9

というわけで、今回は恐ろしく久々のランニンググッズ関連のお話をしていこうかなと思います。 この記事をご覧のハードに走り込みをするランナーの皆さんならばたとえ雪が降る凍えるような寒さの日でもランニングに ...

-メルカリ, ラクマ, 役立つ情報, 新着情報
-, , , ,

Copyright© アラフォーランナー一発屋商店! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.